坂口裕樹


BLOG

Something Just Like This – The Chainsmokers & Coldplay コードアナライズ 楽曲分析 #2

こんにちは。
今回はThe Chainsmokers & ColdplayのSomething Just Like Thisを分析してみようと思います。

楽曲の基本情報はこちら

タイトル Something Just Like This
アーティスト The Chainsmokers & Coldplay
リリース 2017年2月22日
作曲 Andrew Taggart/Guy Berryman/Jonny Buckland/Will Champion/Chris Martin
作詞
キー D
BPM

概要

前回の打上花火とそっくりでコード進行はイントロからサビ終了まで「| Ⅳ Ⅴ | Ⅵ V |」の繰り返し。
というかThe Chainsmokersはこのコード進行多い気がする。

イントロ

イントロはエレキギターのアルペジオがメインでベースっぽいシンセパッドが鳴っている。

エレキギター アルペジオ
シンセパッド ベース音担当

Aメロ

アウフタクトで歌が入ってきます。
Aメロの頭はギターが止んでシンセパッドのみ。そしてAメロの真ん中辺り(A’)からクラップ、アルペジオのエレキギターと薄っすらシンセのプラックが入ってくる。

クラップ A’からin
シンセプラック 8分で刻む
エレキギター A’までOFF。A’からアルペジオ
シンセパッド コードを弾いている

Bメロ

メロディーはアウフタクトで入る。またギターが止まってシンプルな感じに。
B’からはアルペジエーターをかけたシンセな音が入ってくる。

シンセ B’からアルペジエーター
クラップ OFF
シンセプラック 8分で刻む
エレキギター OFF
シンセパッド コードを弾いている

サビ

ここがサビなのか?というぐらいシンプルで、伴奏もBとほぼ同じです。ひょっとしたらこの後のパートがサビかも?

ドラムマシン 最後の小節からスネアのフィルが入ってドラムインです
シンセ アルペジエーター
クラップ OFF
シンセプラック 8分で刻む
エレキギター OFF
シンセパッド コードを弾いている

サビ終わり

EDMっぽくここから盛り上がる感じです。ここがサビなのかも。

シンセ Super Saw的なブリブリした音でリズム感のあるフレーズ。
ドラムマシン シンプルなリズム
シンセ OFF
クラップ OFF
シンセプラック OFF
エレキギター OFF
シンセパッド コードを弾いている

まとめ

なんとシンプルなんでしょうか!
EDMって迫力あるけど、意外と楽器の数が少ない。空間系のエフェクトで上手く音のキャラクターや印象を変化させてあるなーと感じました。

(c) 2017 Hiroki Sakaguchi