坂口裕樹


BLOG

初恋

この雨が止めば夕日を見に行こう

ドキドキしながら君を誘ったんだ

幼い僕の胸を焦がした君

今でも覚えてるよ 幻の季節

 

もう少し あと少しだけそばに居たかった

僕の頬が赤かったのは夕日のせいじゃない

 

この街の隅に 明かりが灯るころ

一番星を君が見つけたんだ

無邪気なその姿に想いは募れど

幼い恋心は風にさまようだけ

 

もう少しあと少しだけ 君を知れたなら。。。

ぼんやり浮かんだ月が やけに綺麗だね

 

一時の静けさに包まれた後で

精一杯の笑顔見せて「さあもう帰ろうか」

 

もう少し あと少しだけ 一緒に居たかった

でも本当はわかってたんだ 君の好きな人

ぼんやり浮かんだ月がやけに綺麗だった

今でも覚えてるよ 君が好きだった

遠い遠い昔の 叶わぬ初恋

 

 

(c) 2017 Hiroki Sakaguchi